2011年6月15日

有楽町 レバンテ


ランチに有楽町のビアレストラン、レバンテに行きました。
やわらかい牛肉のハヤシライス。
とろとろでおいしかった。
生のトマトのみじん切りが少し乗ってる。
家で真似しよう。。。

秋葉原に負けないくらいの近年の有楽町の再開発。
あたしの知らない昭和がまだ知らないうちになくなってしまう。
さみしいな。昭和、好きなのにな。
レバンテも2003年に一度閉店したそうです。
イトシアの辺りの再開発で。
今は国際フォーラムの中に場所を移して営業中。
有名な小説にも登場する老舗です。


箸袋。お店のロゴもパソコンのない昭和ならではのデザイン。
線が断然可愛い。レバンテがレバニラに見えなくもない。
ランチは1000円でドリンクバーとスープつき。
ド、ドリンクバー!?
食後の珈琲付きは嬉しいけど、ドリンクバーはなんか求めてるものと違う気が。


奥の壁のステンドグラスが素敵でした。
きっと以前の店から持ってきたんだろうな。
そういえば椅子もテーブルもウェイターさんも年季が入ってる。
きっと以前の店から持ってきたんだろうな。

新しいはずの店だけど外の景色はやたら近代的だけど。
中央の大きなテーブルには引退したおじ様仲間が大勢でいらしてました。
ビール飲んでステーキ平らげてワイワイ楽しそうにしていました。
間違いなくこの店愛されてる。

どこかに雰囲気が似てると思ったら浅草の神谷バーだ。
おじ様が似合うお店。
こういう店、なんか落ち着く。

レバンテ ビアバー / 有楽町駅日比谷駅二重橋前駅

0 件のコメント:

コメントを投稿