2009年6月15日

GABAN 手作りのカレー粉セット



先日カレー粉をスパイスから混ぜて作りました。
「GABANの手作りカレー粉セット」
その種類なんと20種類。


我が家ではあまり日本のルーを使ったカレーを作りません。
辛いカレーが好きなのでタイカレーやインドカレーをよく作ります。
作るって言ってもナンプラーやココナッツミルクがセットになってるキットを輸入食材屋とか無印で買うだけ。
今回も大好きなカルディで見つけてきたものですがこれは20種類のスパイスが個別に包装されていているのでそのものの香りを確認できるし分量の調節もできる。
なにやら楽しそうでしょ?
せっかく楽しそうなのでお友達と一緒に作ることにしました。
香りを知っている物も知らない物もひとつひとつ香りを確認しながら混ぜていきます。
ターメリック(ウコンだ粉っぽい香り)
クミンパウダー(危険な香り)
コリアンダー(パクチーだ)
チンピ(南部せんべいの香り)
フェネグリーク(おいしそうな香り。豆っぽい)
フェンネル(少し甘いいい香り)

シナモン(木の皮)
カエンペッパー (辛いトウガラシ。火炎ペッパー!?そりゃ辛そうだ。恐ろしくて嗅げない。)
ガーリックグラニューレイテッド(ガーリックパウダーより荒いもの)
ジンジャー(生姜)
ディルパウダー(酸味と辛味が混ざったような香り)
オールスパイス (歯医者さんの待合室の苦い香り)
カルダモン(柑橘系と思いきやタマゴの殻の香り)
クローブス(歯医者さんで虫歯に詰められるヤツの香り)
スターアニス(八角。漢方の香り)
セイジ(薬草っぽいけどさわやかな香り)
タイム(さわやかな葉っぱの香り)
ナツメグ(古い木工所の香り)
ブラックペッパー(胡椒の香り)
ベイリーブス(乾燥した葉っぱの香り。ローリエ)
魔女気分で全部混ぜるとアラ不思議!カレーの香りです。


香りを表現するのって難しい!!嗚呼、難しい!
最初に吸い込んだ香りと吐く香り違うし!

カレーってハイカロリーじゃない?ハーブや漢方になるものやらで構成されているのになぜだと思って調べたら市販のルーは小麦粉やらバターやらでんぷんやらココアにチーズなど入ってる。とろみやコクを出すためだろうか。ヘルシーに食べるなら断然手作りだと痛感。
なんだかデトックスできそうなものがいっぱい入ってるしヘルシーカレーじゃないですか!
今回は全部粉末になっていたけど乾燥のシードを粉末にして作ったら香りはもっといいんだろうな。
作って一週間くらいで熟成されるらしのでそろそろ食べごろー。

0 件のコメント:

コメントを投稿