2009年5月11日

小江戸散歩


金曜日、駄菓子屋に行きたくなって小江戸川越にデートしに行きました。
意外と近所の観光地ですが近すぎて行ったことがなかったです。
仕事の視察で行ったことのある旦那の案内で初めての小江戸観光。いや~近所にこんな風流な街があったとは!
打ち水とかしたくなるような小路がいっぱい。
菓子屋横丁では駄菓子屋が軒を並べているのでどこから攻めようかワニワニパニック!


近所に駄菓子屋がないところで育ったこどもはほんとかわいそう。
カラフルなんだけどポップとは違うやはり日本のお菓子。こどもの浴衣を思い出す色使い。
古い日本の建物は心が休まるね。別にこういうものに囲まれて育ったわけではないのに懐かしい。
DNAに刻まれているのかしら???

小江戸横丁という屋台の詰まったアーケードのようなところで売っている芋でできた焼きおにぎり「芋太郎」とはす向かいにある杉養蜂園のはちみつソフト。
この組み合わせがおススメです。
歩きながら食べれるあったかつめたいデザートの完成。

和風でほっとしつつも、ステンドグラスや石造りの洋風な外観の建物も多いです。


うなぎやさん「うなっ子」で安いうなぎ丼を食べました。夕方店の周りを涼しげに泳ぐ錦鯉。
店内にはひとりでうなぎの骨のから揚げとビールを飲む地元のおっさん。
暑い夏の夕方、お風呂上りに浴衣で散歩して鰻の骨のから揚げでいっぱいやるなんて憧れます。
見たことないけど寅次郎みたいで憧れます。


パリのアパルトマンみたい、でも、あれ!?おせんべいのマーク。。。
どうやら田中屋さんの家紋のようです。
「カフェ エレバート」と書いてあります。田中屋さんは今はカフェのようです。
せっかくなので食後のコーヒーを飲みに行きました。

中は木造で以前は蔵だったようです。
下をのぞくとバーが見えます。
最近スーパーでも売ってるKOEDOビールも飲めるみたい。
今日はドライブで来たのでお酒は飲めません。ブレンドコーヒーと店員さんおススメの芋プリンを注文。


苦めのキャラメルが美味しいです。
プリンも芋なのでヘルシーな感じ。
少し甘いけどコーヒーが苦いからちょうど良くなります。

帰りに大和屋という珈琲やさんで珈琲の麻袋を譲ってもらい帰りました。
最近始めた畑で使う鋤や鍬を車に積むのでそれを入れる丈夫でかわいい袋を探していたのです。
珈琲の麻袋がちょうどいいと思ってたのだけど近所に売っているところがない。
ネットだと1枚だいたい500~300円
300円に送料つけるのも馬鹿馬鹿しい。なので珈琲屋さんで譲ってもらおうと狙っていたのです。
都合よく店内のディスプレイに飾ってあったので「これ、売ってもらえませんか?」交渉すると
「いいですよ、1枚53円ですけど。」
53円ですか!?
あんまり安いので3枚購入。
グアテマラとハワイとニューギニア。カラフルでかわいいです。かわいい農民目指しますょ。


駄菓子屋目的で向かった川越でしたがとても満喫したデートになりました。

6 件のコメント:

  1. 川越、いいね!
    銭湯の場所確認してから、電車で行こう。
    まめ袋もいいな〜。おらも欲しいぞ!!

    返信削除
  2. あぁステキだー。
    カフェフェフェのレッドカーペッドが憎いぜ。
    ダンナとデートっていうのがまた憎いぜ。チクショー。

    返信削除
  3. うわー!地図とか作ってる☆わかりやすい!
    田中屋さん気になります。

    返信削除
  4. 豆腐くん
    まめ袋いる?
    1枚300円で。

    tomottiさん
    大正ロマンです。紅結気分でどうぞ。

    さぶやまさん
    有給中?行ってごらんよ、田中屋の若旦那に身請けされるかもよ。

    返信削除
  5. まめ袋、一枚おくれ!!

    返信削除
  6. 豆腐君
    300円也

    返信削除