2009年1月18日

ほんやら洞


今日は国分寺に車を車検に出しに行く事になりました。
せっかく国分寺まで行くので以前から気になってたお店にお散歩がてら行く事にしました。
国分寺駅南口にある殿ヶ谷戸公園近くにあるほんやら洞という喫茶店。
お店は今は無き表参道の同潤会アパートのように古着屋さんやアンティークショップの入る古いマンションの一階にあります。
木枠の格子窓やツタが這う壁に古い建物好きなあたしのココロはもうワニワニ。いつか来たろと虎視眈々と狙っておりました。

中に入っても古いっ!!!
でもその古さを大事にしてるところがいいのよね。逆に現代が入り込まないように注意した空間だと思うし。
長くお店が続くことも素晴らしいし、喫茶店というこの空間で今までの時代にどんな人たちがここで時間を過ごしてきたのだろうと思いを馳せることができるところがあたしにとってたまらないのです。高円寺で行った喫茶店「七つ森」を思い出すなぁ。
さて、お店のテーブル席は満員です。あたしたち夫婦はカウンターでお目当てのスパイシーチキンカレーwithラッシーを注文。
カレー大好き夫婦のあたしたちはワクワクして待ちます。
最初にラッシーが出てきました。
飲むと少しだけスパイシー。クローブだかシナモンだかが入ってるようだ。
カレーと一緒に飲みたいからふた口飲んで我慢。
しばらくしてやってきたチキンカレーのうまそうなこと!


ごろっと入ったチキンのかたまりの柔らかいこと!!
カレーもとってもスパイシー。辛いの好きな私たちはウハウハです。
ライスの上にのったグリーンとボルドーの干しぶどうがとってもキレイ!しかもカレーにほんと合う!
昔はこういう組み合わせ(カレーin干しぶどう、酢豚inパイナップル)が嫌いだったけど大人になった今ならわかる。
あると思います。いやむしろぜひあってほしい!
ろくに会話もせずにひたすら食べるあたしたち。まさに今対話すべきは夫ではなく目の前のカレー。
カレーを食べると先ほどのラッシーのスパイスは感じることができなくなり今度はプレーンな味のラッシーが楽しめます。
あたしとしてはもう少し塩気が欲しかったんだけど、値段的にも見た目にもスパイシー加減にも大満足なランチでした。
喫茶店で出すカレーの域は超えまくってますよ!
調べてみるとオーナーはミュージシャンだとか、スパイスはオーナー自ら調合してるだとか、その昔ヒッピーが集まる店だったとか、何やらディープな香りがスパイス並みにプンプンな気になるお店でした。

ほんやら洞 国分寺店カフェ / 国分寺駅

6 件のコメント:

  1. 見るからに美味しそーなカレー^^♪
    でも辛いのは苦手だ~^^;

    前に旦那とカレーが名物の喫茶店に行った時、
    あまりの辛さに2人して終始
    『辛い!辛ーい!』
    と言いながら食べた記憶が・・・(--;)

    ラッシーって飲んだことないなぁ・・どんな味がするのでしょうか??

    返信削除
  2. なんて惹かれるあやしさでしょう!!!
    カレーんまそー☆

    返信削除
  3. ニコさん
    あらら、ワイン好きなのに辛いの苦手なんですね~。
    ラッシーは牛乳とヨーグルトで作った飲むヨーグルトみたいなものです。
    インドカレー屋さんとかによくありますよ。
    昨日我が家でも作って飲みました。
    牛乳にたいして二倍のヨーグルトでお砂糖入れてミキサーかけて出来上がりです。
    今日は桃缶足してピーチラッシーを作る予定です♥

    返信削除
  4. さぶやまさん
    あやしさって新しいと醸し出せないよね~。
    さぶやまさんの住むエリアにはそういうお店わんさかありそうだよね。
    お散歩も楽しそうでうらやま~。
    そして念願の金髪おめでとう!

    返信削除
  5. 国分寺にこんなお店があるとは。
    行ってみたい・・けど、スタミナ丼とかに行っちゃうんですよね・・・。
    心とお腹の余裕のある時に行ってみます!!

    返信削除
  6. 豆腐くん
    あたしスタ丼まだ食べたことないんだよね~。
    次回挑戦したいとおもっちょります!

    返信削除